更新再開!日常のこと、ECOやL4Dのことなどいろいろ


by erster
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

聖書の一節

求めなさい。

そうすれば、与えられる。

探しなさい。

そうすれば、見つかる。

門をたたきなさい。

そうすれば、開かれる。

だれでも、求める者は受け、

探す者は見つけ、

門をたたく者には開かれる。(マタイによる副音書:第7章7節〜8節)


まさに今のわたしにぴったりって感じです・・w

この聖書の部分はわたしが結構きにいってる部分で、すごくがんばろ!ってなる一節です

聖書なんて、みなさん普段全然目を通さないものだと思います

ホテルの引き出しにはいってるくらいかなw

少し、目を通すとはっと気づかされる部分もあったりすると思います

門を叩きなさい、そうすれば開かれる

自分の道は自分で切り開かないとだめなんですよね

卒論・・・たいへんだけどがんばろっ!!

[PR]
by erster | 2008-10-28 01:01 | オフな私

10月24日

・てみのコメントにお返事しました

・ゆんさんのコメントにお返事しました

・新しい記事をかきました

[PR]
by erster | 2008-10-24 16:43

卒業研究タイトル

・・・がきまりました!w

「旧オリヴェッティ社ショールームとサンマルコ広場との空間の連続性について」

名前だけでなんだかかっこよくて満足してるわたしがいます・・・w

内容は、予想以上にむずかしく、カルロスカルパのスケッチから断面図をおこしたり

各エリアごとの特徴と区分わけ、サンマルコ広場の特性、背景、歴史

ショールームと広場との空間比較

このスカルパのショールームが都市の中においてどのような役割を果たしているか

などなど

はぁ・・・これがわたしにほんとうにできるんでしょうか・・・

なんだか、とても不安です

とりあえず火曜日までに目次立てとフロートチャートつくんなきゃ・・・

[PR]
by erster | 2008-10-24 16:37 | オフな私

10月21日

・新しい記事を書きました

・てみのコメントにお返事しました

・ゆんさんのコメントにお返事しました

[PR]
by erster | 2008-10-22 03:03

久しぶりにw

今日は大学の卒業記念実行委員の集まりでしたw

そこで偶然に、久しぶりに話すお友達にばったりw

他学部だから、なかなか会えないねー;;

というわけで、研究室にお邪魔させていただきましたw

情報系ってパソ多いですね・・・

研究資料も、積分とかでさっぱり・・・・

いかにわたしのしてることが、簡単だってことがわかった気がしますw

一緒に帰るのもひさしぶりでした

色々おしゃべりも交えながらw

うーん、例の聞いた話はやっぱり納得いかないっていう気持ちわかるなぁ

ECOでもにたようなことあったけど、そこはお互い遠慮しつつも、ちゃんとしてたしね

早く済ませちゃえばよかったね

中途半端にぐだぐだしちゃったって感じかな;;

研究、大変みたいだけど、そこはお互いがんばろー!!


今日は飲み会だったので、ちょっと疲れましたw

明日は何時におきれるかなぁ・・

[PR]
by erster | 2008-10-21 23:59 | オフな私
題名だけだとなんのこと?って感じですよねw

うんと、ヴェネツィアにいくかもっていうのは前の記事でもお伝えしましたけど

正直、わたしが行きたいのはヴェネツィアじゃありませんw

ドイツとかフランスにいきたーーーいw

っていうのも、イタリアってそもそもヴェネト・ピザンチン様式とかルネサンス様式が大半で

ゴシック様式の建築はあまり発展しませんでした(ミラノではドゥオモがありますが。。)

ピザンチン様式っていうのはイスラムのモスクのようなドーム状の屋根があるものだったり

そんなに高くない円形、八角形の建物だったりw

それはそれでたしかにきれいだとおもうんですけど、わたしはゴシックの

鋭い尖塔を持つ教会のほうが好きですw

ステンドガラスもあったりで、とってもきれいw

有名なものは、ドイツにある「ケルン大聖堂」
d0071710_16384829.jpg


フランスの「ノートルダム寺院」
d0071710_16385872.jpg


イギリスの「カンタベリー大聖堂」
d0071710_16391018.jpg

(ウィキペディア画像引用)
などなど・・・w

尖塔アーチが天を示しているようで、いかにも聖堂って感じがするので大好きですw

なので、本当はこういうのを見に行きたいんですけど・・・

まぁ・・卒業旅行の楽しみと言うことで・・・w

とはいっても

どこの聖堂や教会も中は荘厳で、まったくちがう世界を感じられるのは一緒ですけどねw

みなさんも、お気に入りの教会や、聖堂をさがしてみてはいかがでしょうかw

[PR]
by erster | 2008-10-20 16:43 | オフな私

またまた

来月11月の中旬、またまたイタリアにいかないといけなくなるかも;

うちの大学はいったいどれだけ人をイタリアへと行かせれば気が済むんだろ・・

なんてw

今回はおーる個人旅行w

計画してる予定は、ヴェネツィアにある

カルロ・スカルパのオリヴェッティショールームの見学

オリヴェッティ社の建物なので、きっと写真はNGw

ノ-トパソ持参で3Dでもできればいいのですが、わたしはそういう系はまったくだめなので・・

がんばってでもスケッチしないと;;

予算もかなりすくないので、ほんとバックパッカーみたいなたびになりそうですw

飛行機はきっとAZ

ホテルは安い簡易ホテル

正直やなんですけど・・・w

でも、いかないことには研究も進まないですしね・・

なんだかほんと厄介です

できればヴェローナにあるカステロヴッキオを見たいんですけど、時間的にむりそう

ヴェッキオはイタリア語で古い、カステロは城

つまり古い城ですね(そのまま・・・w

カルロ・スカルパは再生、修復建築の巨匠なので

いまではそこは美術館になっていますw

これはわたしの観光業としての見方なんですけど

古い建物は古い物として、その姿をそのままに保存した方が

過去の情景とか、そういう昔の趣?みたいなのが感じられるとおもうし

観光客もいっぱい増えて、経済的収益になるような・・・ブツブツ

こんなこと教授に言った瞬間、もうこなくていいよっていわれちゃいますけどねw

あくまでもわたしの個人的意見です・・・w

それはそうとカルロ・スカルパって設計をする人にとってはかなり有名らしく

わたしの大学のお友達から「あー、カルロ・スカルパねwいいねw」

みたいな言葉が返ってきました

え・・・わたし、知ったのつい最近・・・

いかにわたしが建築に興味がないかわかった瞬間でもありました・・・。。。

[PR]
by erster | 2008-10-19 22:27 | オフな私

10月16日

・ゆんさんのコメントにお返事しました

・てみのコメントにお返事しました

・れなさんのコメントにお返事しました

[PR]
by erster | 2008-10-16 23:17

ドイツ商館

研究テーマをヴェネツィアの商館という形で行っていこうと思っていたのですが・・・

資料がなさすぎって一蹴りされました・・・

イタリア語の資料ならあるんですけど、日本語の資料がないに等しく、

前に進まない状態になってしまいました;;

そこで、先生からのアドバイスで「カルロ・スカルパ」という建築家について調べなさい

とのご指示があったので、そのテーマで進めることに決定しました

わたしもまだあまりくわしくは知らないのですが、

ヴェネツィアのサンマルコ広場に面している過去に貴族邸宅であった建物を

再生、修復(レスタウロ)して、

ショーウィンドウショップ?として機能させている建物があり、それをはじめとする

数々のレスタウロを行っている方だそうです

うーん・・あまりぱっとしませんが・・・

これから、がんばっていきたいと思います!w

・・・で結局、断念した商館建築についてですが、これは院のほうにまわすということでw

オスティアもあるし、あ~どれを勉強したらいいんだろ・・・

また、そのときになったら考えようかなw

以下のは私が調べたドイツ語版ウィキペディアにあった「ドイツ商館」の記事

ちなみに日本語版ではドイツ商館はでてきませんw
d0071710_19453170.jpg

「Fondaco dei Tedeschi」
(aus Wikipedia, der freien Enzyklopädie
Wechseln zu: Navigation, Suche)

「Fondaco dei Tedeschi」

Das Fondaco dei Tedeschi (Fondaco (nach arabisch Funduk, Warenbörse) der Deutschen) war die Niederlassung deutscher Händler in Venedig am Canal Grande direkt neben der Rialtobrücke. Das Gebäude beherbergt heute eine Niederlassung des italienischen Post- und Telekommunikationsministeriums.

Der Fondaco dei Tedeschi wurde zuerst 1228 erwähnt. Nach einem Brand 1505 bezahlte Venedig seinen Wiederaufbau (1508) durch Frà Giovanni Giocondo und ließ die Fassade von Tizian und Giorgione mit Fresken bemalen, die heute nicht mehr zu sehen sind.

Durch die offenen Arkaden im Erdgeschoss wurden Waren ein- und ausgeladen. Die Bewohner traten als Bruderschaft auf und standen unter venezianischer Aufsicht.

Im Fondaco dei Tedeschi trieben u. a. Nürnberger (darunter die Imhoff, Koler, Kreß, Mendel und Paumgartner), Augsburger (darunter die Höchstetter) und Regensburger Kaufleute Handel.
(画・文:ドイツ語版ウィキペディア引用)

明日あたりに、少し訳してみたいと思います

訳し終えたら記事に載せますねw

ドイツ語好きな方は一緒にやくしてみませんか・・?w

なんてw

[PR]
by erster | 2008-10-10 19:48 | りょこー関係

イタリア旅行記4

さて、旅も終盤ですw

というか

わたしの今回のイタリア研修でもっとも重要&充実した日がこの日でもあったんですがw

ローマから地下鉄で約30分ほどの郊外

オスティア・アンティカという古代ローマの外港であった場所の遺跡郡をめぐりましたw

まず、ローマの地下鉄の駅から地下鉄にのり、マリアーナという駅まで行きます

d0071710_22461657.jpg

d0071710_22473352.jpg


入り口とか、出口、乗換えなどすっごいわかりやすくて、

東京よりも全然わかりやすかったですw

さて、ここの駅からオスティア・リド線に乗り換え

混んでたらやだなぁって思ってたんですけど、ほとんど人がいませんでしたw

そして到着w
d0071710_22511631.jpg

d0071710_22513533.jpg

なーんにもありません・・・・w

ほんと「田舎」って感じでしたw
d0071710_22533267.jpg

これは駅前

この向いてる方向からくるりと逆をむいてまっすぐ進むと、すぐにオスティア遺跡でした

5分くらいかな?

かなり近いですw
d0071710_2256215.jpg

遺跡の少し前の入り口

この先にチケット売り場があります

d0071710_2258239.jpg

中に入るとまっすぐのびた道があります

このオスティアは過去に外港であったという歴史があり(いまでは海はずっと向こう側)

塩などを交易物として運んでいました

なのでおそらく何千年もの前にもこの道を古代ローマ人があるいた・・ということを考えれば

なんだか、一歩一歩がとても重く感じます
d0071710_2333768.jpg

d0071710_2334595.jpg

これは闘技場もしくは球技場だった場所です

こんなにもはっきりとのこってるんですね・・・驚きです
d0071710_2344363.jpg

これは中心にある、神を祀る神殿
d0071710_2365833.jpg

壁画
d0071710_2371540.jpg

床にあるモザイク画

まだまだいーーーーっぱい撮ったんですけど100枚くらい・・・

ここにのせてるとキリがないのでこれくらいにw

ほんともう過去の用途がはっきりわかるくらい遺跡が残っていて、感動しましたw

居酒屋とか洗濯屋なんていうのもありましたw

だいたい色々見て回って10キロほど

乾燥もしていて暑かったので、見終わるころにはヘトヘトでしたw

はぁ・・やっと課題終わった~w

帰るときの感想がこれ・・w

その前の日まで、ちゃんといけるかなぁとか心配だったので、写真もとれて

しっかりと見ることができたのでよかったですw

この日は、そのまま遺跡を見終わった後、ローマの市内までもどり三越でお買い物w

パスタとかいっぱい買っちゃったw

ほんと、イタリアだけあって種類多いなぁw

帰り道、少しホテルいくまでにまよって

なんか半泣きになりましたけど・・それは内緒で・・・・(

ほんと無事にこの日が終わってよかったですw


>続くw

[PR]
by erster | 2008-10-08 00:09 | りょこー関係