更新再開!日常のこと、ECOやL4Dのことなどいろいろ


by erster
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

旅行ノート

私の趣味のひとつでもある、旅行!

ですが、旅行の魅力は旅行中だけじゃありません!


旅行前の下調べ、旅行の計画こそが最大のおもしろいところでもあるわけです

まぁ、もっとも、旅行に行く前には少なからずある程度の知識はもって

行く人が多いと思いますけど

私の場合はとことんやります

それをひとつに集約したのが旅行ノートです!

d0071710_326257.jpg


作成風景の写メw

使うのは地図帳、旅雑誌、エッセ、ガイトブック、パンフなどなど

その国にいきたい!ってきめたらいろんなことを調べますw

ますは地理からはじまって

歴史、文化、言語、建築

鉄道、バスなどのアクセス

私の今回の一押しはスイスなので

ハイキングコースや山のルートなども興味深いですね

あーー、スイスいきたよぉ~w

ベルニナエクスプレスのりたぃ!!

ぁ、ベルニナエクスプレスっていうのはこれです

d0071710_3334630.jpg

(http://home.catv.ne.jp/dd/taga/page302.htm)

これはレーティッシュ鉄道会社のアルブラ線

フィリズールという駅の少し手前にあります

d0071710_3355191.jpg

(http://item.rakuten.co.jp/jigsawclub/c11-327/)

こちらはおなじくレーティッシュ鉄道のベルニナ線

ブルジオ駅のすぐ先にあるループ橋w

どちらも世界遺産のもう美しすぎるスイスの絶景です

フランスのモン・サン・ミッシェルとならんで、死ぬまでに1度は行きたい観光名所ひとつです><

スイスはなんといっても鉄道王国ですからね

国中に鉄道路線が網の目のようにはりめぐらされています

このほかにもスイスには魅力あふれる鉄道や、都市がたっくさんw

いま行きたいスイスの都市ベスト3!ということで完全に私の自己満ですが、よかったら

みてやってくださぃ><

3位 グンリデルワルト(グリンデルヴァルト)

d0071710_3455443.jpg

(http://www.city.matsumoto.nagano.jp/tiiki/kokusai/sister_city/grindelwald/grindeltourism/index.html)

インターラーケン・オスト駅から後ろ寄りの車両にのって、

グリュイリチューネンから進行方向左へ

約30分ほどで到着ですw

ここは1度子供のころに訪れたことがあるんだけど、ホテル周辺くらいしかおぼえてなくて

もう一度この目でみたい!ということで1位w 日本人がめちゃめちゃおおいのが玉にキズだけど

絶景を眺めるなら一押しですw

2位 ベルン

d0071710_3514123.jpg

(http://www.jtb.co.jp/kaigai/city.aspx?CityCD=BRN)

ここは言わずと知れたスイスの首都ベルン

永世中立国らしい、昔ながらの情景がのこっていますw

この町の魅力はなんといっても、1本のメインストリートで

さまざまな町の雰囲気をたのしめるところw

1本のメインストリートだけど、交差点を挟んで、それぞれ名前がちがいます

というのも、昔は名前が変わるところで城門があってそこでおしまいだったから。

時をかさねるごとに街を拡大していき、いまのような姿になったそうです

通りの終わりにはニーデック橋があって、かわいい2頭のくまさんにもあえますよ><

ここも1度訪れたことがあるんですけど、ほとんどおぼえてません

というわけでもう一度みてみたいので2位です

1位 フリブール(フライブルク)

d0071710_415310.jpg

(http://aimi.jp/alps/200707chamonix/20070810-1.html)

スイス西部のドイツ語圏とフランス語圏の境にあるまちで

興味深いのが川を隔てて、ドイツ語話者とフランス語話者がわけられていること!

いちお、建前上はどちらもしゃべれるっていってるけど、フランス語話者のひとたちのなかで

まったくドイツ語がわからない人も少なくないみたぃw

スイスというのは多言語国家といってもいいくらいいろいろな言語があって

公用語が

フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロマンシュ語(ロマンス語派でイタリア語ににている・・とおもう)

そのほかに各地で話されてる方言がはいってきます

だから、このまちはスイスの多言語的特色を一番あらわしている街だと思うんですw

そのほかにもサリーヌ川のほとりに並ぶ古い建物や

坂が多くて、町の中で高低差があるので

見上げた時の情景とかw

この町でしか見られない特別な町で、今までにいったことがないので第1位w


なんか記事かいてると余計にいきたくなっちゃったぁ・・

もう依存症ですね(


旅行ノート、これからも拡大していきますよぉ

各都市の特色とかもしらべたいし

ベルニナエクスプレス以外の路線もしらべたいしw

キリがないといえばないけどね。。。w


とにかく、ながくなっちゃたけど、まだまだ書き足りないくらいですw

もっとくわしく聞きたい方はえあまでw

[PR]
by erster | 2010-08-17 03:22 | りょこー関係